fc2ブログ

アオシマのWLシリーズを組み立ててメカを描く練習 その4 No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その7 中央の構造物と特殊潜航艇回天と台座を組んで船尾側に接着を行う

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その1
1枚目、昨日の記事の続きで
中央のこの構造物を組みたいと思います。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その2
2枚目、1枚目で手前にあるパーツをタミヤセメントの白で接着して、
この画像で手前にある煙突も接着しました。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その3
3枚目、艦橋もこの際細かいパーツを接着して
船体に組み込んでしまおうと思います。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その4
4枚目、3枚目て手前にあるパーツを接着して
その他のパーツも切り出して接着しました。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その5
5枚目、ある意味ではこの艦船モデルの主役かもしれない
特殊潜航艇回天とその台座を組んで行こうと思います。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その6
6枚目、接着はコピー用紙の上で行いましたが
回天とその台座をタミヤセメントの白で接着しました。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その7
7枚目、船尾側にある軌条の上に回天と台座を
タミヤセメントの白で接着しました。

アオシマのWLシリーズ No.361 軽巡洋艦 北上 回天搭載時 その8
8枚目、一つのランナーにある機銃だけでは足りないので
今回もう一つのランナーから切銃部分を切り出して
真鍮線に両面テープで貼りつけて後で
タミヤスプレーのガンメタルで塗装したいと思います。

ということでアオシマ 日本海軍軽巡洋艦北上 回天搭載時を組みました。
説明書だと回天脇の機銃を接着した上で
回天と台座の接着という順番なのですが
それをやると機銃に当たって引っ掛けたりしそうなので
今回は回天を先に接着しました。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
軍事系のプラモを組んでミリタリーなプラモや漫画を描く一助とするためのブログの管理人です。

リンク
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR