fc2ブログ

ドラゴンのプラモを組み立ててメカを描く練習 その8 DR6075 ソビエト SU-100 タンクデストロイヤー その2 主砲と足周りを組む

ドラゴンのDR6075 ソビエト SU-100 タンクデストロイヤー その1
1枚目、昨日の記事に続いて今日も
ソビエト SU-100 タンクデストロイヤーを組んで行きます。
今日は主砲と転輪などを組みました。

ドラゴンのDR6075 ソビエト SU-100 タンクデストロイヤー その2
2枚目、左側面から。

ドラゴンのDR6075 ソビエト SU-100 タンクデストロイヤー その3
3枚目、右側面から。

ドラゴンのDR6075 ソビエト SU-100 タンクデストロイヤー その4
4枚目、車体前方に寄って。

ドラゴンのDR6075 ソビエト SU-100 タンクデストロイヤー その5
5枚目、後方から。

主砲を組んで思いましたが
こんなに長い主砲を持っていたら
(1枚目の写真はカメラのレンズの関係で
主砲が実物より少し長く見えていると思うのですが)
運用とかかなり大変だったのではないかと思います。

プラモを組む上ではそんなに困難はありませんでしたが
ドラゴンのプラモは転輪を軸に入れると
固く入って外すのが難しく
このキットでは連結組み立て型の履帯を並べて接着して、
それをさらに起動輪、転輪、誘導輪に
接着する形なのですが面倒なので
タミヤのT-34のゴムキャタピラを流用します。
あんまり困難を避けているとプラモを組むのも上手くなりませんが この履帯周りは何かと面倒なので
ロコ組が困難な時は自分はゴムキャタピラを使いたいです。
今日は漫画のラフを3枚ほど描く予定でいます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
軍事系のプラモを組んでミリタリーなプラモや漫画を描く一助とするためのブログの管理人です。

リンク
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR