fc2ブログ

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5 タイヤのゴム部分をタミヤのラバーブラックのスプレーで塗装し直す

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事の続きで
光沢ブラックでスプレー塗装したタイヤのゴム部分を
タミヤのラバーブラックのスプレーで塗装し直したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、タイヤに貼ったマスキングテープをデザインナイフで切り取って
真鍮線に両面テープでタイヤを固定しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、マスキングしたタイヤにタミヤのラバーブラックを吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、マスキングした部分をはがしました。

ということでフォードGPA 水陸両用車を組みました。
ラバーブラックで再塗装しましたが
そんなにはよくならなかったかもしれません。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4 車体の組み立てとブラックサーフェイサー、オリーブドラブ2を吹く

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、去年の記事の続きで車体を組んで
下地塗装とオリーブドラブのスプレー塗装に入りたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、このシートのパーツも組み立てます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、エンジンルームの上のパーツになります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、両面テープでB5のプラ板の上に
塗装するパーツを仮留めしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、エッチングパーツに関しては
ガイアノーツのマルチプライマーを筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、クレオスのブラックサーフェイサーを
エアブラシで吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7
7枚目、タミヤのスプレーのオリーブドラブ2を吹きました。
(両面塗装が必要な二つのパーツについては
途中で外して裏返してからスプレーを吹いています)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その8
8枚目、タイヤについても両面テープで真鍮線に固定して
オリーブドラブ2を吹いた後に
ホイール部分をマスキングしてから。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その9
9枚目、手持ちのスプレーを使い切ろうということで
クレオスのMrスプレーの光沢ありのブラックを吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その10
10枚目、マスキングをはがしました。

ということでフォードGPA 水陸両用車を組みました。
基本塗装は大体終わったので
後はフロントガラスのクリアパーツだったりに
今回と同じくタミヤのオリーブドラブ2を吹ければと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その6 車体前方の四輪の駆動系を組み立てる(1)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その1
1枚目、タミヤのMMシリーズのその97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車を
去年の記事に続いて組み立てました。
前回に続いて車体下部後方の駆動系を組み立てて行きます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その2
2枚目、車体から砲塔を外して裏返しました。
画像右側の車体底面に組み立てた駆動系をはめたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その3
3枚目、左側と右側にある二つずつのパーツを
組み立て接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その4
4枚目、組み立てたパーツにさらにパーツを組み込みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その5
5枚目、駆動系のパーツ二つが組み上がりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その6
6枚目、車体後方の底面に組み立てたパーツ群二つを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その7
7枚目、駆動系に画像手前のパーツである
ダンパーを接着したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その8
8枚目、7枚目のダンパー8本を接着しました。

ということで16式機動戦闘車の前方四輪の駆動系を組んで行きました。
かなり組み立て上がっているので
今後下地塗装、本塗装と進めたいです。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その79 No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その9 主砲の最終組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その1
1枚目、今月の記事に続いてドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルンを組んで行きます。
今回は主砲の最終組み立てを行いたいと思います。
これらのパーツ群を主砲に組み込んで行きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その2
2枚目、主砲の防盾を組みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その3
3枚目、主砲に1枚目のパーツ群を組み込んで
防盾もこれから接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その4
4枚目、照準器の組み立てです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その5
5枚目、照準器の組み立て終わりました。

ドイツ軍重自走砲のナースホルンを組み立てました。
主砲もかなり出来て来ました。
後一歩か二歩ぐらいで組み立て終わると思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その79 No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その8 砲弾ラックを組み立て接着しました

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その1
1枚目、今月の記事に続いてドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルンを組んで行きます。
今回は主にこれらのパーツを組み立ててて
砲弾ラックを作成し、車体に接着したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その2
2枚目、砲弾ラックが一つ出来ました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その3
3枚目、戦闘室の左右に接着するので二つ作りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その4
4枚目、車体背面のドアを作ります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その5
5枚目、取っ手をつけて車体背面雄ドアを作りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その6
6枚目、砲弾ラックを戦闘室の左右に接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その7
7枚目、砲弾ラックを接着しました。
パーツの1枚板を説明書に従い三分割して
砲弾ラックの上に接着しましたが
余りきれいに加工出来ませんでした。

ドイツ軍重自走砲のナースホルンを組み立てました。
かなり出来て来たと思います。
砲弾ラックの上に置いた蓋は
もうちょっときれいに加工した方がよかったと思いました。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その79 No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その7 説明書の最初に戻って組み立てし忘れのパーツを接着して行く

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その1
1枚目、今月の記事に続いてドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルンを組んで行きます。
車体の上部周りの色々を組んで行きたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その2
2枚目、1枚目でランナーから切り出したパーツ群を
それぞれ説明書に指定の場所に接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その3
3枚目、トラベルロックのパーツだったりを切り出しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その4
4枚目、トラベルロックを組み立ててエナメル線を結び
他の場所のパーツは車体に接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その5
5枚目、車体に主砲を乗せて撮りました。
ランナーを見ていたら主砲で
付けなくてはいけないパーツがまだあるようなので
次回はトラベルロックを車体にはめつつ
主砲も組み立て終わりたいと思いました。

ドイツ軍重自走砲のナースホルンを組み立てました。
かなり出来て来たと思います。
このオープントップの車両は見せ場も多い代わりに
作業もかなり増えるので大変ですが
頑張って組み立てたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その79 No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その7 説明書の最初に戻って組み立てし忘れのパーツを接着して行く

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その1
1枚目、2年前の記事に続いてドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルンを組んで行きます。
今回は大分前に組み始めているキットなので
説明書を最初から見て確認しながら
未接着のパーツを切り出して接着して行きたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その2
2枚目、1枚目の状態からフックになるパーツを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その3
3枚目、説明書を最初から見直したら 後部の戦闘室に接着するパーツも忘れていたので 接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その4
4枚目、戦闘室の後方に3枚目のパーツを接着しました。
後、ちゃんと接着出来ていないので
戦闘室の底面と側面の装甲板の間に隙間が空いてしまいました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その5
5枚目、右側の装甲板にもフックとなるパーツを
接着したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その6
6枚目、フックとなるパーツを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その7
7枚目、右側の装甲板にもフックとなるパーツを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その8
8枚目、車体前面も組み立て途中なので
パーツを切り出して接着して行きます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン その9
9枚目、ワイヤー止めのパーツと
操縦室前面のパーツを接着しました。

ドイツ軍重自走砲のナースホルンを組み立てました。
砲についてはかなり出来ているので
このまま組み立てて行って塗装したいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その102 No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その9 他社製の連結式履帯をランナーから切り離す(3)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その1
1枚目、先月の記事の続きで
ヴィジョンモデルズの1/35 帝国陸軍
97式チハ中戦車用可動履帯セットの切り出しを行います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その2
2枚目、1枚目の状態から画像下部の状態に
ニッパーを使い切り出したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その3
3枚目、2枚目からこの状態に履帯を切り出しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その4
4枚目、3枚目の状態から画像左の状態に切り出します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その5
5枚目、片側の足周りに巻く分の履帯を切り出しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その6
6枚目、左右の足周りに巻くための履帯を切り出し終わりました。

タミヤの一式砲戦車の他社製の連結式履帯を
最後まで切り出しました。。
何とか終わったので今後
履帯をC組みで組みたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その14 No075 日本軍 97式中戦車チハ その8 車体後部のワイヤーとマフラーのカバーを塗る

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その1
1枚目、2年前の記事の続きで 97式中戦車チハを塗装して行こうと思います。
まずは車体後方のこのワイヤーを筆塗り塗装します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その2
2枚目、クレオスのメタルカラー アイアンを筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その3
3枚目、足周りの上部転輪を
タミヤのエナメル塗料 ラバーブラックで
筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その4
4枚目、反対側から。
こちらはちょっと塗れてない部分もあるので後でリタッチしたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その5
5枚目、マフラーをカバーしている部分に
クレオスのメタルカラー カッパーを筆塗りしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その6
6枚目、全体も撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No075 日本軍  97式中戦車チハ その7
7枚目、後方から。
これだとメタルカラーのカッパーで塗った部分が
悪目立ちなので焼け表現か
錆表現を入れて悪目立ちを軽減したいと思います。

ということでタミヤ MMシリーズの97式中戦車チハを塗装しました。
今後ウェザリング表現等に進めればと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その102 No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その8 他社製の連結式履帯をランナーから切り出して準備を行う(2)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その1
1枚目、先月の記事の続きで
ヴィジョンモデルズの1/35 帝国陸軍
97式チハ中戦車用可動履帯セットの切り出しを行います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その2
2枚目、1枚目の画像で上部にある
ランナー状態の履帯をニッパーで切り出しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その3
3枚目、片方の履帯切り出しは終わり。
今度は左側の履帯をランナーから切り出します。

タミヤの一式砲戦車の他社製の連結式履帯を
途中まで切り離しました。
意外と神経使わされる作業で
真鍮線みたいな金属線を通して
瞬着で固定するみたいな可動式履帯を組むのは
もっと大変だとは思うので何とか頑張って終わらせたいです。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その102 No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その7 他社製の連結式履帯をランナーから切り出して準備を行う(1)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その1
1枚目、今月の記事の続きで
ヴィジョンモデルズの1/35 帝国陸軍
97式チハ中戦車用可動履帯セットが手に入ったので
これを切り出して連結して
タミヤのリモネンセメント辺りで接着して
足周りに巻いてC組みしたいと思っています。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その2
2枚目、片側96枚で組むように指定されているので
一つのランナーで8個なのものを
12個組みにしてチャック付ポリ袋で
二つに分けました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その3
3枚目、今日はここまでニッパーで切り出しました。

タミヤの一式砲戦車の他社製の連結式履帯を
途中まで切り離しました。
今後この作業が終わったら
下地塗装に進みたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その17 クレオスのウェザリングペーストのマッドホワイトとマッドレッドを混ぜて薄めたもので汚れ表現

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今月の記事の続きで
クレオスのウェザリングカラー ペーストの
マッドホワイトとマッドレッドで泥表現を行います。
これが泥表現を行う前の車体の状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、フェンダーの隅や土埃の溜まりやすそうな場所に
ウェザリングペーストで泥表現を行い、
着きすぎた部分は筆と綿棒で
ウェザリングペーストの除去を行いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、足周りにもウェザリングペーストで
泥表現を行います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、ウェザリングペーストを
転輪や起動輪、誘導輪に塗布しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、こちらはウェザリングカラーの
ステインブラウンを履帯に塗布しましたが
効果が薄いのでタミヤのウェザリングマスターの
赤サビ辺りをドライブラシで塗布して
クレオスのスーパークリアー半光沢を吹いて定着させたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、車体と足周りに泥表現を加えたので
ロコ組みした足周りを車体にはめてみました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、反対側から。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2の車体と足周りに
クレオスのウェザリングペーストで泥表現を加えました。
足周りにステインブラウンを塗布しましたが
効果的には薄いのでタミヤのウェザリングマスターの
赤サビ辺りを履帯にまぶしてスーパークリアー 半光沢で定着させるのを
やりたいと思います。また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その102 No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その6 車体と足周りの組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その1
1枚目、今年9月の記事の続きで車体や足周りを組み立てて行きたいと思います。
足周りのスプリング4組です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その2
2枚目、二つのパーツを接着して4組のスプリングを組みました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その3
3枚目、車体の側面に下に見えているパーツを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その4
4枚目、スプリングも追加して接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その5
5枚目、車体の反対側の足周りも組みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その6
6枚目、組みました。これで車体両側面の足周りを組めました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その7
7枚目、雑具箱(?)みたいなものも組み立てて
車体後部に接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その8
8枚目、下に敷いてあるコピー用紙の反射で
見えている足周りや細かいところを今回組みました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その9
9枚目、車体全体も撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その10
10枚目、反対側から。

タミヤの一式砲戦車を組み立てました。
今回は説明書の一番前に戻って
そこからまだ組み立て終わってない部分を組んで行きました。
まだ下地塗装にも行けない感じですが
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その17 クレオスのウェザリングカラー ステインブラウンで錆表現を行う

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、昨日の記事の続きで
クレオスのウェザリングカラー ステインブラウンで錆表現を入れます。
うすめ液で薄めつつ塗布しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、履帯にも塗布しましたが
ノリが悪いのでタミヤのウェザリングマスターの赤サビ辺りで
錆を乗せたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、砲塔と車体、足周りを合わせました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、反対側から。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2の砲塔、車体、
足周りに錆表現を入れました。
今後スミ入れやピンウォッシュ等で
立体感を着けて行きたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その16 タミヤ エナメル塗料で履帯にドライブラシを行う

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、先月の記事の続きで
クレオスのシャインシルバーのペンをプッシュして
塗料皿に出してドライブラシ用の筆でドライブラシを行おうと思ったのですが
上手く色が乗らなかったので。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、タミヤ エナメル塗料 チタンシルバーを
撹拌スティックで取り、ドラブラシ用の筆に取って
ドライブラシを行おうと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、ドライブラシの途中の履帯です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、ドライブラシを終えた履帯を車体にはめてみました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、ついでに履帯へのドライブラシを終えた全体像も撮影しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、反対側から。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2の履帯に
タミヤのエナメルカラーでドライブラシを行いました。
後は車体と履帯に錆表現を加える
ウェザリング等行って行きたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その15 タミヤのエナメルカラーを使いドライブラシを行う

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、先月の記事の続きで
今回はタミヤのエナメル塗料を調色スティックに取り
それをドライブラシ用の筆ですくい取って混色しながら
KV-2重戦車の車体と砲塔にドライブラシを行いました。
これはドライブラシ前の状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、ティッシュの上に調色スティックですくった塗料並べて
ドライブラシ用の筆で複数取りながら混色して
KV-2重戦車の砲塔と車体にドライブラシを行いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、ドライブラシ途中で1枚撮りました。
この写真だとドライブラシでエッジだったりに
明るい色が乗っているのが分かると思いますが。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、ドライブラシ終わりに砲塔を車体に乗せて撮りました。
こう見るとドライブラシの効果が分かりづらいです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、反対側から。こちらもちょっと分かりづらい。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2に
タミヤのエナメルカラーでドライブラシを行いました。
車体の方は色がエッジだったりに乗ったと思いますが
かなりデカい砲塔の方はちょっと色の乗りが悪いように思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その5 車体前方の四輪の駆動系を組み立てる(2)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その1
1枚目、タミヤのMMシリーズのその97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車を
昨日の記事に続いて組み立てました。
前回に続いて車体下部の駆動系を組み立てて行きます。 これが車体下部に接着する骨組みになります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その2
2枚目、1枚目のパーツを接着してから 手前の二つのパーツの接着です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その3
3枚目、2枚目の接着を終えてお隣の駆動系の組み立てです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その4
4枚目、3枚目のパーツを組み立てて次のパーツになります。
1,2枚目で組み立てたパーツ群は車体下部に接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その5
5枚目、3,4枚目のパーツ群も組み上がりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その6
6枚目、連動させるためのバーを駆動系に組み込みました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その7
7枚目、車体前方から二番目の駆動系を
車体下部に接着しました。

ということで16式機動戦闘車の前方四輪の駆動系を組んで行きました。
今回組んだ部分が箱組に近くて
そうなって来ると下手に作業の日にちを分けずに
塊で組んでしっかりと車体に接着する方がいいと
過去の失敗も考えつつ思いました。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その4 車体前方の四輪の駆動系を組み立てる

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その1
1枚目、タミヤのMMシリーズのその97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車を
2年前の記事に続いて組み立てました。
今回から車体下部の駆動系を組み立てて行きます。
画像の車体の下にあるのは
ポリキャップとプラ製の蓋になります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その2
2枚目、ポリキャップを凹みに入れて
タミヤセメントの白い方を塗布して
プラ製の蓋を接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その3
3枚目、撮り忘れてしまいましたが
2枚目で蓋をしている5つのポリキャップの内
4つに駆動系のパーツを差し込みました。
手前の二本のバーで駆動系のパーツが連動します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その4
4枚目、二本のバーで駆動系がつながり
開いていたポリキャップにも駆動系のパーツを
組み立てて差し込みました。

ということで16式機動戦闘車の車体を組んで行きました。
まだ車体自体はそんなに重くないですが
今回組んだ駆動系を壊さないために
しばらく裏返しにしておこうと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その3 車体を組み立てる

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その1
1枚目、タミヤのMMシリーズのその97 No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車を
2年前の記事に続いて組み立てました。
今回から車体を組み立てて行きます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その2
2枚目、1枚目で仮組みしていたマスキングテープをはがして
車体上面の裏からクリアパーツを差し込んで接着したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その3
3枚目、クリアパーツを差し込み
タミヤセメントの流し込みタイプで接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その4
4枚目、車体上部と下部を接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その5
5枚目、3枚目でクリアパーツを差し込んだ
上部の後ろ側にパーツを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その6
6枚目、車体を箱組みする側面の4つのパーツを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その7
7枚目、側面のパーツも接着しました。
車体前面と背面のクリアパーツは
まだ接着したくないので
ランナーから切り出したまま接着してしまいます。

ということで16式機動戦闘車の車体を組んで行きました。
足周りが結構複雑そうですが
YouTubeでこのキットを組んだりした方の動画を見ると
車体前方の四輪が連動して動くということで
今から組むのが楽しみです。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その14 クレオスのカラーモジュレーションセット ロシアングリーンをエアブラシ塗装する

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その14 クレオスのカラーモジュレーションセット ロシアングリーンをエアブラシ塗装する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、一昨日の記事の続きで
今回はクレオスのカラーモジュレーションセット ロシアングリーンの
ベースとシャドウをエアブラシ塗装したいと思います。
これは同じくクレオスのブラックサーフェイサー びん入りタイプを
希釈してエアブラシで吹いた状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、バラした状態でエアブラシ塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、基本塗装は終わったので
組み立ててみました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、反対側から。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2に
クレオスのカラーモジュレーションセット ロシアングリーンの
ベースとシャドウをエアブラシ塗装しました。
車体前部の上面はもうちょい明るくしたいので
追加でエアブラシ塗装したいと思います。
それが済めばドライブラシやウェザリングしたいと思いました。
そんなところで今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その13 索引ワイヤー以外は組み上がったのでクレオスのブラックサーフェイサーを吹く

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、昨日の記事の続きで
今日はクレオスのブラックサーフェイサーを吹きたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、反対側から。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、クレオスのブラックサーフェイサーを吹くために
砲塔、車体、ロコ組みした履帯をバラしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、びん入りのブラックサーフェイサーを
うすめ液で希釈したものをエアブラシで吹きました。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2に
クレオスのブラックサーフェイサーを吹きました。
今後ロシアングリーンをエアブラシ塗装して
基本塗装を終えようと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その12 排気口と索引ワイヤーと車体側のフックの組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、一昨日の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
排気口のパーツをランナーから切り離しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、今思ったのですが
車体側ではないパーツの方をランナーから切り離して
それをランナーに付いている状態のパーツに接着して
接着が乾いてから接着が終わったパーツを切り離す方が
楽だし接着面も汚れないと今気づきました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、索引ワイヤーを車体につなげる
索引フックみたいなパーツが車体両側にあります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、これは取扱説明書にちゃんと書いてあるのですが
車体側の接着面に0.8mmのドリルをピンバイスに装着して
穴を開けないといけないのですが忘れていたので
この作業の前に慌てて開けました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、車体左側の索引ワイヤーは喪失していることにするので
車体右側のものをこれから組みたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、瞬着で色々とやったところ
1mm径のワイヤーが太すぎたりして上手く行かないので
この二つのパーツをタミヤセメントで接着して
十分乾いてからピンバイスで1mmか1.1mmぐらいの穴を開けて
ソフトステンレスワイヤーを瞬着でそこに接着したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、タミヤセメントの白で接着しました。
今回はここまでです。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2を組みました。
同じ失敗は前にもしていた気がするのですが
索引ワイヤー周りは前にも同じことをしていると思うので気を付けたいと思います。
後は索引ワイヤーの金具部分(?)の穴を
ピンバイスで1mmか1.1mmに広げてそこに瞬着で
既定の長さに切り出したソフトステンレスワイヤーを接着したいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その11 車体正面前部の組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
今回は車体正面前部を組みます。 車体の前にあるパーツは機銃の基部のパーツになります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、車体正面の視察孔のパーツ二つ。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、ライトなどのパーツです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、アンテナ部分のパーツ二つです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、機銃の基部は壊れた形にしたいので ここで組み立て終わりです。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2を組みました。
後は索引ワイヤーを車体右側の1本だけ組んだり等したいと思います。
そんなところで今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その90 No.046 イギリス 25ポンド砲 その9 25ポンド砲の防盾のワイヤーとショベルを筆塗り塗装する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.046 イギリス 25ポンド砲 その1
1枚目、2年前の記事に続いて
イギリス 25ポンド砲を組んで行きます。
今まで塗っていなかった25ポンド砲の
防盾のワイヤーとショベルを筆塗り塗装したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.046 イギリス 25ポンド砲 その2
2枚目、防盾前部の映りが悪いですが
クレオスのメタルカラー アイアンとダークアイアン、
Mrカラーを調色した色で防盾前部の装備品を塗りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.046 イギリス 25ポンド砲 その3
3枚目、ついでに革張りだったんじゃないかと思う
砲手の座席も筆塗りします。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.046 イギリス 25ポンド砲 その4
4枚目、黒だと色として重すぎなので
Mrカラーのレッドブラウンとサンディブラウンを
混色した色で筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.046 イギリス 25ポンド砲 その5
5枚目、砲弾運搬用のリンバーと共に
25ポンド砲を撮りました。

ということで今回は25ポンド砲の
装備品や座席などを筆塗り塗装しました。
後はワイヤーに錆表現等入れられるといいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その10 砲塔を後部扉が開放された状態で組み立てる

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
サフ吹き等して合わせ目を消した主砲と主砲基部を
砲塔に接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、タミヤセメントの白い方で接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、砲塔の後ろにある扉を組みたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、3枚目のパーツ群を組みました。
後は扉の左にある取っ手を接着すれば組み立て終わりです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、組み立て終わった扉を砲塔後方に
開放状態で接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、砲塔の右側にある視察孔のパーツを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、6枚目のパーツを接着した上で 主砲がスライドする部分の覆いを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その8
8枚目、覆いを接着して
砲塔の上部に上がるための取っ手だったりも接着しました。

ということでタミヤ ソビエト重戦車 KV-2を組みました。
もう少し進めば下地塗装に進めそうです。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その9 フェンダーの組み立てと車体左側のフェンダーの千切れ加工

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
主砲を接着して見ると
目視で分かる溝が出来てしまっていたので
タミヤの瓶入りサーフェイサーを
塗布して1週間ぐらい乾燥させました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、1枚目に出ていた耐水ペーパーで
サーフェイサーを塗布した部分を削って
なだらかにしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、念のためにクレオスのグレーサーフェイサーを吹くと
御覧の様にこちらにも溝が出来てしまっていました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、デザインナイフで溝に入った
グレーサーフェイサーが無くなるまで削りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、再度サフを吹きました。
何とか溝を削って消せたようです。

ということで前の記事に続いて
ソビエト軍 KV-1重戦車の砲塔周りを組みました。
後はまだもうちょい下地塗装前の作業があると思うので
その辺をこなして先に進めればと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その8 フェンダーの組み立てと車体左側のフェンダーの千切れ加工

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
説明書の指定は0.8mmのドリルなのですが
小さい方のピンバイスが見当たらないので
1.0mmのドリルを中型のピンバイスにかまして
指定の穴を開けます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、右側のフェンダーを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、仕切り板的なパーツも接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、車体左側のフェンダーはちぎれ加工を
やろうと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、左手でつかみ右手のラジオペンチで
曲げを繰り返して最終的にちぎろうと思いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、何回も曲げて色味が変わって来ました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、最終的に千切れました。
思っていたよりもそれらしく千切れました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その8
8枚目、車体右側のフェンダーに接着する
雑具箱を組み立てます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その9
9枚目、8枚目を1組として
雑具箱を二つ組み立てました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その10
10枚目、車体右側のフェンダーに接着して
車体左側のものも組み立てて接着しました。

ということでKV-2重戦車を組み立てました。
後は砲塔だったりやフェンダー上のものの組み立ても残っています。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その76 No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その24 組み立てた時に難しく感じて未組み立てだったワイヤーと支持具を塗装、接着する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その1
1枚目、昨日の記事の続きで
ワイヤーと支持具を塗装し、車体に接着したいと思います。
昨日書いた通りガイアノーツのマルチプライマーを
筆で塗布しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その2
2枚目、クレオスのメタルカラーアイアンを塗布したところ
少し剥げがちになってしまったために
塗布後磨く必要がないMrカラー 黒鉄色を塗布しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その3
3枚目、昨日真鍮線に固定し
タミヤのNATOグリーンのスプレーを吹いた支持具のパーツです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その4
4枚目、3枚目のパーツを車体右側に仮置きしました。
車体側とパーツ側で凹凸が合うようになっています。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その5
5枚目、一旦支持具を外しワイヤーをかませて
車体に接着しました。埃取りをタミヤのクリーニングブラシでやりましたが
こう写真で見ると取り切れていませんでした。

ということで今まで先送りにして来た
ワイヤーと支持具のパーツを接着しました。
装備品でまだ塗装し接着していないものには
索引ワイヤーがあるのですが
今後折りを見て出来ればと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その76 No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その23 組み立てた時に難しく感じて未組み立てだったワイヤーと支持具を塗装、接着する(途中まで)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その1
1枚目、先月の記事の続きで組み立ててた頃は組める気がしなくてそのまま放置だった
この車体右側に付ける
ワイヤーとワイヤー支持具を
塗装組み立てするというのをやりたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その2
2枚目、ピンセット等使い巻かれていたエナメル線をほどきました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その3
3枚目、支持具のパーツで巻いて行くのは
やってみたら無理そうなので
同じぐらいの太さの鉛筆に巻きつけて
エナメル線にクセを着けました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その4
4枚目、クセをつけたエナメル線を巻いて行きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その5
5枚目、4枚目の状態から巻いて
ピンセット等で何回か束になったエナメル線に
巻きつけてワイヤーを形としては完成させました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その6
6枚目、ワイヤーの支持具のパーツです。
これはタミヤーのNATOグリーンのスプレーを吹いて塗装します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その7
7枚目、プライマーとしてクレオスのメタルプライマー改を使いましたが 自分の用途では少し失敗でした。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その8
8枚目、使い古した筆でメタルプライマー改を
巻いたエナメル線に塗布しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その9
9枚目、ここである程度乾かしてから
クレオスのメタルカラーのアイアンを塗布して
綿棒でこすったら塗装が剥げて来てしまいました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その10
10枚目、このまま塗膜が着いたままだと
プライマーからやり直せないので
同じくクレオスのMrカラーうすめ液につけて
塗膜等取り去ることにしました。

ということで組み立てた時は
塗装し組むことを困難に感じていたパーツに
取り組みましたがクレオスのメタルプライマー改は
ちょっと食いつきが足りないと感じることが多く
臭気が強いですがガイアノーツのマルチプライマーの方が
食いつきがいいので次回以降
ガイアのマルチプライマーを使い
やり直してみたいと思います。

もう塗膜等剥がして
ガイアノーツのマルチプライマーを塗布してあるので
それも記事したいと思いました。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3 車体前部上面とエンジンを組む

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
先月の記事に続いてエンジンをまずは組みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、次のパーツをエンジンルームに組み込みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、エンジンとエンジンルームが組み上がりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、この車体前面上部を組みたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、車体前面上部の右下にある
馬蹄形のパーツを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、このキットには車体前面上部に接着する
エッチングパーツがあるので接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7
7枚目、エッチングパーツをデザインナイフで切り出して
瞬着で接着しました。

ということでフォードGPA 水陸両用車を組みました。
今後組み立てを終わらせて下地塗装、本塗装と
進めればと思いました。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7 車体側の足周りの組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
今回はKV-2重戦車を車体左側に車体が落ちている形で
足周りをロコ組みしたいと思います。
まずは車体右側の足周りを組みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、足周りのアームを
タミヤセメント白で接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、車体左側にもアームを接着しますが 転輪が沈み込んだ形で組みたいので
アームを固定する車体側のピンをニッパーで切り飛ばします。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、アームをはめて
車体左側前部が沈み込む形で
接着を行いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、車体左側の普通に組む方から
足周りを組んで行き、この後誘導輪にも履帯を巻きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、車体右側の足周りも切れた状態を
再現すると同時に履帯を巻きながら接着して
ロコ組みしたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、車体左側の足周りを
履帯の連結が切れた状態でロコ組みしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その8
8枚目、車体左側と右側の履帯の
ロコ組みが終わりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その9
9枚目、組み立て途中の砲塔も載せて撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その10
10枚目、この角度だと意外と車体の傾斜が分かりづらいです。

ということでKV-2重戦車の足周りを
車体左側前部が沈み込む状態でロコ組みしました。
今後砲塔だったりも組み立てを終わらせて
下地塗装、本塗装と進みたいと思います。
そんなところで今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その102 No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その5 転輪、誘導輪の組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その1
1枚目、今年6月の記事の続きで転輪や誘導輪を組んで行きたいと思います。
これが今までで組んでいた分です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その2
2枚目、画像下部にある誘導輪のパーツを組んで行きます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その3
3枚目、誘導輪を組み終わりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その4
4枚目、下部の転輪のこの転輪群をランナーから切り出して。
画像右下にあるパーツを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その5
5枚目、棒ヤスリでパーティングラインを消して
キャップの様なパーツを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その6
6枚目、ちょっと面倒だなと思ったので
以前買っていたリューターでランナー状態の転輪の
パーティングラインをある程度
削って消してしまおうと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その7
7枚目、リューターで転輪の外周を削り
ランナーから切り出してゲート跡も削りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その8
8枚目、ということで組み上がった
起動輪に誘導輪に転輪群です。

ということで誘導輪や転輪などを組みました。
リューターは久しぶりに使ったらかなり便利で
プラモのパーティングライン消しに
もっと使えばよかったと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6 車体側の足周りの組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今年6月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
名称は分からないのですが車体下部側面に付く
これらのパーツを接着したいと思いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、1枚目のパーツを車体下部側面に接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、車体右側にも接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、車体前部に接着する
誘導輪がはまるパーツです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、車体左側に4枚目のパーツを接着し、
車体右側にも接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、車体の他の部分も組み立てた車体です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、反対側から。

ということで車体側面下部にある
足周りを組み立てました。
足周りは大体組めたのと
このKV-2重戦車は破損した状態で組みたいので
足周りも車体の左側か右側で
そういう壊れた形で履帯を組み立てて
ロコ組みにしたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その102 No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その4 砲と砲架、防盾の組み立て

タミヤのMMシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その1
1枚目、今年6月の記事に続いてからタミヤのMMシリーズ
日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き)を組んで行きたいと思います。
砲と砲架を組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その2
2枚目、どうも普通にはめただけだと 主砲が緩くて角度が保てず下がるので 主砲のはまっているガイドレールと 砲架の接合部に瞬着を塗布して ぐりぐり動かしながら瞬着の接着力が下がるのを待ちました。

タミヤのMMシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その3
3枚目、2枚目で書いた作業が終わった後です。

タミヤのMMシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その4
4枚目、防盾の主要パーツ3つをタミヤセメント白で接着しました。

タミヤのMMシリーズ No.331 日本陸軍 一式砲戦車(人形6体付き) その5
5枚目、4枚目で組んだ防盾を車体に接着しました。

ということでタミヤの一式砲戦車を組みました。
作業は少し進んだと思います。 また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その101 No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5 砲塔と主砲の組み立てを行う

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その1
1枚目、今年6月の記事の続きで砲塔を組んで行きたいと思います。
KV-1でも失敗したのですが砲塔底面の車体にはまる部分に
接着して行くパーツが難しく(説明書をちゃんと読めば難しくないです)
自分は失敗してしまったので写真は砲塔の底面と側面の箱組みからです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その2
2枚目、主砲の基部を組みました。
ちょっと接着剤で汚れてしまいましたが
タミヤの昔のKV-1から比べると
実感はかなり上がっていると思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その3
3枚目、主砲の基部に裏から
ぼつぼつに見えるパーツを入れて接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その4
4枚目、砲塔と主砲基部をつなぐパーツを組みました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その5
5枚目、主砲を接着し主砲基部と砲塔を並べました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その6
6枚目、車体の砲塔がはまる部分のパーツも接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その7
7枚目、主砲の下側で多分目立たないのですが
ちょっとパーツの整形でやらかして
主砲の合わせ目が上手く接着できなかったので
タミヤのサーフェイサープライマーを塗布して埋めた後に
紙やすり等で削りたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.375 ソビエト重戦車 KV-2 その8
8枚目、サーフェイサープライマーを塗布しました。

ということで砲塔を組み立てました。
まだ完全に組み立て終わってはいないですが
ほぼほぼ終わりだと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その83 No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その16 砲塔と車体に錆を入れて、C組みした履帯にクレオスのダークアイアンを筆塗りして汚し塗装を行う

タミヤのMMシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)のエッチンググリルセット その1
1枚目、去年の記事に続いてタミヤのドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)を組んで行きます。
今回やった砲塔と車体にクレオスのウェザリングカラーで錆を入れて
前回C組みした履帯を筆塗り塗装してから
これもクレオスのウェザリングカラーで汚しを入れた状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2
2枚目、最初にタミヤのMM165をリモネンセメントで接着し
足周りに巻いた履帯が接着剤が乾燥する中で
縮んでしまったのでこのキングタイガーの履帯2種を
一個ずつ増やして履帯の長さを増したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3
3枚目、テンションかけた上で瞬着で接着してもいいのですが
それをやると後々履帯が切れてしまうのは何度か経験しているので
このC組みが切れている部分に2コマ足しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その4
4枚目、2コマ足して引っくり返しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その5
5枚目、車体左側の履帯にも2コマ足しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その6
6枚目、車体右側です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その7
7枚目、砲塔と車体に錆表現が欲しかったので
クレオスのウェザリングカラーのラストオレンジとステインブラウンで
錆表現を入れたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その8
8枚目、今回使う道具がこれです。
タミヤエナメル溶剤、クレオスのウェザリングカラーの
ラストオレンジとステインブラウンになります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その9
9枚目、ちょっと分かりづらいですが
砲塔の側面下部だったりに錆の赤味が入りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その10
10枚目、C組みした履帯にクレオスのメタルカラー ダークアイアンを
筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その11
11枚目、履帯に錆表現を足すために
クレオスのウェザリングカラーのラストオレンジとステインブラウンを
適せん混ぜたり、単独で筆に取り履帯に塗布しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その12
12枚目、少し乾いた状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その13
13枚目、ガンダムマーカーのシャインシルバーを
皿に何度かプッシュして履帯の凸部にドライブラシ的に筆で塗りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その14
14枚目、ということで今回の作業が終わったキングタイガーです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その15
15枚目、反対側から。

ということでキングタイガーを組み立てたり塗装しました。
履帯を汚している時は失念しましたが
スカートがあるので上部にある履帯は
全く見えなくなってしまいました。
練習だと思ってそれは良しとしたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その76 No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その22 OVM(装備品)の筆塗り塗装とガイアノーツのエナメル塗料でウォッシング的に錆表現

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その1
1枚目、去年の記事に続いてドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型をやります。
これがOVM(装備品)の筆塗り塗装と
錆的なウォッシングが終わった状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その2
2枚目、これがOVMを筆塗り塗装する前のものです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その3
3枚目、OVMを筆塗りして錆色のエナメル塗料でウォッシングしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その4
4枚目、ガイアノーツの錆色とすす色を混色したものを
タミヤのエナメル溶剤で薄めて車体に錆的なウォッシングを行いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その5
5枚目、今回の作業が終わった車体の全体を撮影しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その6
6枚目、反対側から。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その7
7枚目、車体前方から。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型 その8
8枚目、後方から。

ということで今日はタミヤ ヤークトパンサー 後期型の
OVMを筆塗りして錆的なウォッシングを行いました。
少し車体に重厚さが加わっているといいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

クレオスのMrカラー
9枚目、今回使ったMrカラーです。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その15 発煙筒箱の接着とOVMの筆塗り塗装を行う

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、今月の記事の続きで
未接着だったパーツを接着して、
OVMを筆塗り塗装します。
最初はマフラーともう一つのパーツも接着しようと思っていたのですが

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、車体後方の合わせが悪いので
画像の手前にある発煙筒箱をタミヤセメントで接着したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、タミヤセメントで発煙筒箱を接着しました。
色味が違いすぎるので後で
フィルタリングや筆塗り等で暗くしたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、車体前部の上部の履帯や消火器、ハンマー等を筆塗りしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その5
5枚目、車体側面右側の装備品も筆塗りしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その6
6枚目、車体上部も車体下部と合わせて撮影しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その7
7枚目、反対側から。

ということでマーダーIII対戦車自走砲を塗装したりしました。
大分形になって来たということでドライブラシ等もやりたいと思いました。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

今回使った道具
8枚目、今回使った塗料です。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その83 No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その16 MM165の連結履帯を軟質樹脂履帯の代わりに足周りに装着する

タミヤのMMシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)のエッチンググリルセット その1
1枚目、去年の記事に続いてタミヤのドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)を組んで行きます。
キット付属の軟質樹脂履帯が痛んでまた切れてしまったので
今回はホッチキス補修とかは止めて
このタミヤ純正の組み立て式履帯を使い
履帯を組みなおそうと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2
2枚目、箱と袋から出した履帯のランナーです。
これが6枚入っています。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3
3枚目、ランアーからニッパーで切り出して
ジップロックの袋に分けて入れました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その4
4枚目、これが切れた軟質樹脂履帯です。
左右切れた上に何回目かだったので
連結式履帯で組みなおしてしまおうと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その5
5枚目、車体上部を外してみました。
自分の中では車体の上部と下部は接着していたつもりでしたが
接着が甘かったかしてなかったようです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その6
6枚目、軟質樹脂履帯を外しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その7
7枚目、これが連結して行く履帯です。
中央にある方は尖った部分があるので裏表を
間違える心配はほぼないですが
画像左上の方は裏表を接着する中で
間違える可能性もあるので注意が必要だと思われます。
自分みたいに老眼だったりでない人は大丈夫だと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その8
8枚目、ということでタミヤのリモネンセメント 流し込みタイプと
ピンセットも使い2種類の履帯を交互に接着して行きます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その9
9枚目、反対側です。B4のプラ板では幅が足りなかったので
エプソンの写真用紙に入っているシール台紙のつるつるの面みたいな用紙を
下に敷いて延長しています。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その10
10枚目、箱の説明通り履帯を2種合わせて90枚つないで一つになった履帯を
この足周りに巻いて行きます。
(リモネンセメントで接着し終えてから
1時間程置いてから作業しました)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その11
11枚目、巻き終わりました。今回はC組みしたいので
終端は接着しません。マスキングテープで留めるだけにします。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その12
12枚目、車体左側の足周りには履帯を巻き終わったので
もう一組90枚の履帯をつないで作った手前のものを
車体右側に巻いて行きます。
(こちらも接着し終えてから1時間程置いています)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その13
13枚目、ということで左右に履帯を巻き終わりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その14
14枚目、左右に履帯を巻き終わりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その15
15枚目、作業は昨日やったので1日ぐらい経って
撮影したのがこれです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その16
16枚目、反対側から。

1枚1枚接着するタイプの履帯はタミヤのリモネンセメントで接着するのが
かなり楽だしやりやすいと今回思いました。
完全乾燥がどのぐらいかはちょっと自分には分からないのですが
もうしばらく置いておけばいいかと思っています。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その35 No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その25 他キットから流用した軟質樹脂履帯をウェザリングペースト等で汚して、車体にタミヤ エナメル塗料でドライブラシを行う

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その1
1枚目、今年6月の記事の続きで
シュトゥルムティーガーの足周りをウェザリングして
車体等にドライブラシが終わった状態がこれです。
(車体側面にウェザリングペーストのマットホワイトが薄まって塗布されたと思われる
汚れがありますが後で綿棒とうすめ液で拭き取りました)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その2
2枚目、他キットから流用した軟質樹脂履帯と
まだウェザリングを施していない起動輪、転輪がこれです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その3
3枚目、軟質樹脂履帯を外しました。
軟質樹脂履帯はドラゴン製キットから流用したもので
確かタミヤのガンメタルのスプレーで塗装しています。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その4
4枚目、これらのウェザリング材を使って
まずは履帯を汚して行きます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その5
5枚目、ということで使い古した筆に
ウェザリングペーストをつけて塗りたくりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その6
6枚目、履帯に錆が浮いていて欲しいということで
クレオスのウェザリングカラー ステインブラウンを
専用うすめ液で薄めつつ筆で塗りたくります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その7
7枚目、これが汚す前の起動輪、転輪、誘導輪です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その8
8枚目、ついでなので履帯を汚したウェザリング剤を使い
車体前面下部も汚しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その9
9枚目、車体後方下部も同様に。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その10
10枚目、起動輪、転輪を少し汚しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その11
11枚目、暑い中換気しながらやったので
ついでに車体にもドライブラシしたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その12
12枚目、左上のタミヤのエナメル塗料 デザートイエローと他の色を瓶で混ぜたものを
同じくタミヤの撹拌スティックで攪拌してティッシュの上に取り出し
ここからドライブラシ筆につけてティッシュで拭った上で
車体の各部にドライブラシを行います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その13
13枚目、足周りの汚しも車体のドライブラシも終わったのがこの状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その14
14枚目、車体後方から。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その15
15枚目、車体後方から。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その16
16枚目、車体前方から。

ということで上で足周りの汚しと
車体のドライブラシが終わったと書きましたが
もう少しやるかもしれません。
しかし大分形になって来たということで
よかったと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その14 デカールを貼る

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、今月の記事の続きで
デカールを貼って行きます。
車体の左右側面に国籍マークと車体番号を貼るので
デカールから該当するデカールを切り出しました。<あ/p>

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、マークセッターを塗布して貼りつけました。
車体右側にも同じく貼りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、車体前部に貼るデカールを切り出しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、3枚目で切り出したデカールを
マークセッターを塗布して貼りつけました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その5
5枚目、組み立て説明書を読んだら組んでいなかったパーツがあったので
デカールを貼ることにもなる車体背面に取り付ける
発煙筒箱を組み立てました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その6
6枚目、ある程度接着が出来たので背面に取り付けてみました。
背面にはまるようなので後は取り外して接着が終わるまで待ちます。

ということでドイツ対戦車自走砲 マーダーIIIにデカールを貼りつけました。
前部貼りつけたかったのですが発煙筒箱を接着していなかったのもあり、
その辺が終わってからデカール貼りを終わらせたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2 車体後部の上面と背面の組み立てを行う

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事に続いてアメリカ フォード GPA 水陸両用車を
組んで行きます。これは車体後部の方にある
足周りのパーツになります。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、こちらをはめるのは前部ほど難しくなく
上からはめて接着するだけです。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、車体後部の上面のパーツになります。
ニッパーでランナーから切り出したパーツを
画像左上にあるタミヤセメントで接着して行きます。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、3つのパーツは正しい物を切り出していましたが
この左側で車体外側の方につけるパーツを間違って切り出していたので
二つ見える馬蹄形のパーツを接着します。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、これで車体後部の上面のパーツに対する組み立ては
スペアタイヤを除けば終わったと思います。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、車体後部にライトと他を接着して行きます。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7
7枚目、3つパーツを接着しました。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その8
8枚目、7枚目で組み立てたパーツ群を車体後部に乗せてみました。
隙間はきっちり合わせてから流し込み接着剤を
合わせ目に流せば隙間ない形で接着出来ると思います。

ということで今日はタミヤ アメリカ フォード GPA 水陸両用車を組みました。
小さいながらも存在感があって自分は程よいディテールだと思っていますが
もっとディテールが細かい方がいい人もいると思います。 また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1 車体の主要部分の仮組みと船底の構造物とタイヤの組み立て

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、ちょっと簡単に組める物を組んで基本塗装までこぎつけるということで
今日からタミヤ MMシリーズのNo.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車を組んで行きたいと思います。
まずは車体の主要なパーツをランナーから切り離して仮組みしました。
タミヤなので合いの心配は余り要らないようです。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、船底にまず手前のパーツを組み込みます。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、タミヤの取り扱い説明書は丁寧に指示があるのですが
自分は少し入れるのに苦戦してしまいました。
真上からやろうとしても上手く行かないので画像の手前側から
パーツを入れるのがコツかもしれません。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、手前にあるパーツを群を船底のパーツに接着して行きます。
プロペラシャフトを船尾側で支持するパーツの突起を切断してしまったので
面倒なことになってしまいました。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、4枚目のパーツ群を接着しました。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、船底のパーツの前にあるタイヤも今回組みました。

ということで今日はタミヤ アメリカ フォード GPA 水陸両用車を組みました。
ある程度小さいサイズのプラモを組んで基本塗装まで行くことにしたいと思ます。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その12 上部転輪を塗装して車体側に接着する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、一昨日の記事の続きで
上部転輪にタミヤのラバーブラックのスプレーを吹いて
上部転輪のホイール部分に
クレオスのMrカラー ジャーマングレー グラヴ(退色)を
筆塗り塗装したいと思います。これはラバーブラックを吹いた状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、分かりづらいですが転輪のホイール部分に
ジャーマングレー グラヴ(退色)を筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、真鍮線から転輪を外しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、プラスチック同士の接着でないと
タミヤセメントを使っても接着力が弱いかもしれないと思ったので
今回は左に見えている瞬間接着剤を使って接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その5
5枚目、車体側の凸部に瞬着を塗布して
上部転輪をはめました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その6
6枚目、車体左側でも同じことをしましたが
筆で塗ったジャーマングレーがはみ出ているので。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その7
7枚目、タミヤのエナメル塗料 ラバーブラックを
筆塗り塗装してリタッチしました。

上部転輪を塗装して車体に接着しました。
後はデカールを貼ってドライブラシやウェザリングです。
ドライブラシをやると車体も活き活きとして来るので楽しみです。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その13 起動輪、下部転輪、誘導輪をスプレーやエアブラシで塗装する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、一昨日の記事の続きで
下部転輪のゴム部分にタミヤのエナメル塗料 ラバーブラックを筆塗り塗装して 転輪のゴム部分とジャーマングレーで塗装された部分の差異を出したいと思います。 これがラバーブラックを塗る前の転輪の状態です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、タミヤの撹拌スティックでラバーブラックをかき混ぜて そのスティックをティッシュの上に出して 金属皿に出したうすめ液で少し薄めて 転輪のゴム部分に塗布したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、ゴム部分を筆塗り塗装した転輪です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、持ち手の真鍮線から下部転輪と起動輪、誘導輪を外して 前回の記事で接着した軟質樹脂履帯と並べました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その5
5枚目、上部転輪抜きですが足周りを車体にはめて 一つの車両として撮影しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その6
6枚目、反対側から。何とか下部転輪のゴム部分と
ジャーマングレーで塗装された部分の差異は出たようです。

ということでエアブラシでジャーマングレーを吹いた時に
ゴム部分とジャーマングレーで塗装された部分の差異が
なくなっていた下部転輪に
タミヤのエナメル塗料 ラバーブラックを
少し薄めたもので筆塗り塗装して差異を出しました。
上部転輪が手つかずだったので次回以降
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その11 起動輪、下部転輪、誘導輪をスプレーやエアブラシで塗装する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、先月の記事の続きで
起動輪、下部転輪、誘導輪をスプレーやエアブラシで塗装して行きます。
このままだと塗装しにくいので持ち手を付けたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、真鍮線に両面テープで1枚目のパーツを取り付けました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、支持台に差し込みました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、転輪にはタミヤのラバーブラックのスプレーを吹いてから
ジャーマングレーの中央部にクレオスのMrカラーの
ジャーマングレー グラヴとグラヴ(退色)を混色したものをエアブラシで吹いて、
起動輪と誘導輪にはタミヤのスプレーのジャーマングレーを吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その5
5枚目、このぐらいで軟質樹脂履帯もタミヤセメントで接着して組み立てたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その6
6枚目、タミヤセメントの白い方を接着面に塗布して接着し、
小型の目玉クリップで固定しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その7
7枚目、何時間か後に取り外して接着完了です。

ということでタミヤ ドイツ軍 マーダーIII 対戦車自走砲を塗装しました。
後は上部転輪も塗装して、下部転輪がジャーマングレーの面と
周囲のラバーブラックで塗装した面で差異が余りないので
タミヤ エナメルのつや消しブラックを少し薄めて何回か塗布して
差異をもう少し明確にしたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その7
8枚目、今回使ったタミヤスプレー2種です。
後はクレオス Mrカラーのジャーマングレー グラヴと
ジャーマングレー グラヴ(退色)の二色を使いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その10 クレオスのジャーマングレイ系の塗料でエアブラシ塗装する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、今月の記事の続きで
組み立て終わったマーダーIIIのパーツ群に
クレオスのブラックサーフェイサーを吹き終わったパーツ群です。
これからクレオスのジャーマングレー系の色を吹きたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、エアブラシ塗装したマーターIIIを
支持棒などから取り外しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、暗い色はクレオスのカラーモジュレーションセット ジャーマングレーのシャドウで
次に明るい色でMrカラーの513 グラヴ、
一番明るい色として上記の513 グラヴと515 グラヴ(退色)を混色した色を吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、反対側から。

ということでタミヤ ドイツ軍 マーダーIII 対戦車自走砲を塗装しました。
後は起動輪、転輪、誘導輪の塗装が残っているので
おいおいやって行こうと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

今回使った道具
5枚目、今回使った塗料になります。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その9 クレオスのブラックサーフェイサーを吹きました

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、今月の記事の続きで
組み立て終わったマーダーIIIのパーツ群に
クレオスのブラックサーフェイサーを吹いて行きたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、クレオスのブラックサーフェイサーを吹いたパーツ群を
固定していた真鍮線などから外して並べました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、2枚目のパーツ群をはめ合わせました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、反対側から。

ということでタミヤ ドイツ軍 マーダーIII 対戦車自走砲を組み立てました。
ちょっと車体上部後方の棒状のパーツを軽く折ってしまい
タミヤセメントで接着する際に車体にも接着剤がついて
少しブラックサーフェイサーの下地塗装がはげてしまいましたが
もうこのままジャーマングレーの塗装に入りたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その95 No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その8 車体後部周りの組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その1
1枚目、今月の記事の続きで
車体後部周りを組み立てて行きたいと思います。
これは車体後部に接着する構造物を構成するパーツです。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その2
2枚目、網的なものの左右にパーツを接着しました。
その脇のパーツを接着して車体後部に差しこむのですがその前に/p>

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その3
3枚目、塗装をやりやすくするために
車体を二つのパーツ群に分けて組み立てていて
そのためにもしかすると
この車体後部のはめ込みがきっちりいかないかもしれませんが
この周辺の強度的なところで不安があるので
タミヤセメントの白い瓶の方を塗布して
フック的な物を接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その4
4枚目、3枚目では開いている方に
フック的なものを接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その5
5枚目、下にあるマフラーを組み立てました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その6
6枚目、自走砲の乗員が座る椅子を
畳んだ状態で組み立てます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その7
7枚目、これは車体右か左か忘れてしまいましたが
まず一つ組みました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その8
8枚目、今回組み上げたパーツ群です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その9
9枚目、塗装して接着することも考えましたが
どうも強度的に不安があったので
塗装前の段階で網的な物を組み立てて
接着することにしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.248 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII その10
10枚目、車体下部と上部を重ねて撮影しました。

ということでタミヤ ドイツ軍 マーダーIII 対戦車自走砲を組み立てました。
もうほぼほぼ組み立て終わりではないかと思うので
クレオスのブラックサーフェイサーを吹いて下地塗装として
ジャーマングレーを吹いて塗装して行きたいと思います。
そんなところで今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その100 No.308 イギリス小型軍用車 10HP ティリー その6 車体の色と荷台の幌の色を変えるために幌にクレオスのカラーモジュレーションセット オリーブドラブ ベースをエアブラシ塗装する

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.308 イギリス小型軍用車 10HP ティリー その1
1枚目、今月の記事にいて
タミヤのMMシリーズのその100 No.308て
イギリス小型軍用車 10HP ティリーを組みます。
車体の色と荷台の上にある幌の色を若干変えたいということで
今日は荷台の上の幌にクレオスの
カラーモジュレーションセット オリーブドラブ ベース色を
エアブラシ塗装したいと思います 吹く前に幌を取り外しました。。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.308 イギリス小型軍用車 10HP ティリー その2
2枚目、エアブラシ塗装する前の
タミヤのオリーブドラブ2のスプレーを吹いた状態がコの色です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.308 イギリス小型軍用車 10HP ティリー その3
3枚目、クレオスのカラーモジュレーションセット オリーブドラブのベース色を
エアブラシ塗装した状態がこれです。若干茶系の方に色が振れたので
肉眼で見ると少し違う感じで見れるんじゃないかと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.308 イギリス小型軍用車 10HP ティリー その4
4枚目、幌を荷台に重ねて撮りました。
5枚目もですが今一色の違いが撮れませんでした。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.308 イギリス小型軍用車 10HP ティリー その5
5枚目、反対側から。

ということで材質の違いを車体と幌の色を変えることで出そうというのは
ドライブラシだったりで退色表現を入れるともう少し
見られるものになるのではないかと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

プロフィール

管理人

Author:管理人
軍事系のプラモを組んでミリタリーなプラモや漫画を描く一助とするためのブログの管理人です。

リンク
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR