fc2ブログ

タミヤの1/700 ウォーターラインシリーズを組み立ててメカを描く練習 その1 No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その2 司令塔に各種装置を接着する

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その1
1枚目、昨日の記事の続きでタミヤ ウォーターラインシリーズ
ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII)を組んで行きたいと思います。
合わせ目をデザインナイフで削ります。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その2
2枚目、司令塔にある各種装置を差す穴を
画像右上にあるピンバイスで大きくしました。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その3
3枚目、タミヤセメントの流し込みで司令塔を接着しました。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その4
4枚目、ランナーから各種装置を切り出して接着しました。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その5
5枚目、船体後方のパーツも接着しました。

ということでタミヤ ウォーターラインシリーズの
ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII)を組みました。
今後本塗装してデカールを貼ったりしたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤの1/700 ウォーターラインシリーズを組み立ててメカを描く練習 その1 No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その1 船体と司令塔の仮組みと接着

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その1
1枚目、今日からタミヤ ウォーターラインシリーズ
ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII)を組んで行きたいと思います。
これは船体の上下の貼り合わせで仮組みした状態です。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その2
2枚目、司令塔を仮組みした後に
デザインナイフで各種装置を差し込む穴を
デザインナイフで開口したいと思います。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その3
3枚目、穴を開口しました。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その4
4枚目、合いも悪くないので組み立て始めます。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その5
5枚目、ウォーターラインで定番のおもりを
船底のパーツに瞬着で接着したいと思います。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その6
6枚目、ロックタイトの瞬間接着剤を多めに塗布して
金属製のおもりを接着しました。

ウォーターラインシリーズ No.906 ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII) その7
7枚目、船体の上下の貼り合わせも終わったので
司令塔を仮組みしました。
こちらの合いもいいようです。

ということでタミヤ ウォーターラインシリーズの
ロシア原子力潜水艦 クルスク(オスカーII)を組み始めました。
このキットだったら工程も少ないので
今の未完成病な自分にも効くと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

プロフィール

管理人

Author:管理人
軍事系のプラモを組んでミリタリーなプラモや漫画を描く一助とするためのブログの管理人です。

リンク
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR