fc2ブログ

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7 筆塗り塗装した座席などを組み立て

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事の続きで
カーキを筆塗り塗装した座席などを接着組み立てして行きたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、1枚目にあるパーツ群を組み立てて車体に接着しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、座席にクレオスのMrカラー カーキを筆塗りして
画像右上のライトにシルバーを筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、両面テープで貼り付けていたプラ板から
座席群を外しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、4枚目の座席群を車体にタミヤセメントの白で接着して 運転席脇の装甲も強度を考えて瞬着で接着して
マスキングテープで押さえました。
画像下にあるライトとライトガードを
車体上部前方にこれまた強度を考えて瞬着で接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、車体前方にライトとライトガードが接着されました。

ということで組み立て塗装を行いました。
段々出来て来ましたが運転席脇のエッチングパーツが見つかりません。
組むのが長くなるとどうしてもこうなりがちなので
ゆるゆると探しながら組んで行きたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6 運転席の計器のデカールを貼る

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、先月の記事の続きで
作業的には昨日ですが運転席前の計器に
キット付属のデカールを貼りたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、デカールを1枚デザインナイフで切り出しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、計器盤は小さくマークセッターを塗布して
一気に貼った方がいいという判断で
デカールをお湯に浸してシールの台紙のつるつるの方に置きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、デカールをピンセットで台紙からずらして貼りました。
一番左のデカールはくるくるとまるまってしまい
ちゃんと貼れなくなってしまいました。

ということで計器盤にデカールを貼りました。
計器盤左のデカールが乱れてしまい
失敗してしまいました。
デカールは難しいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5 タイヤのゴム部分をタミヤのラバーブラックのスプレーで塗装し直す

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事の続きで
光沢ブラックでスプレー塗装したタイヤのゴム部分を
タミヤのラバーブラックのスプレーで塗装し直したいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、タイヤに貼ったマスキングテープをデザインナイフで切り取って
真鍮線に両面テープでタイヤを固定しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、マスキングしたタイヤにタミヤのラバーブラックを吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、マスキングした部分をはがしました。

ということでフォードGPA 水陸両用車を組みました。
ラバーブラックで再塗装しましたが
そんなにはよくならなかったかもしれません。
また時間を取って取り組んでみたいと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4 車体の組み立てとブラックサーフェイサー、オリーブドラブ2を吹く

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、去年の記事の続きで車体を組んで
下地塗装とオリーブドラブのスプレー塗装に入りたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、このシートのパーツも組み立てます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、エンジンルームの上のパーツになります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、両面テープでB5のプラ板の上に
塗装するパーツを仮留めしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、エッチングパーツに関しては
ガイアノーツのマルチプライマーを筆塗り塗装しました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、クレオスのブラックサーフェイサーを
エアブラシで吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7
7枚目、タミヤのスプレーのオリーブドラブ2を吹きました。
(両面塗装が必要な二つのパーツについては
途中で外して裏返してからスプレーを吹いています)

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その8
8枚目、タイヤについても両面テープで真鍮線に固定して
オリーブドラブ2を吹いた後に
ホイール部分をマスキングしてから。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その9
9枚目、手持ちのスプレーを使い切ろうということで
クレオスのMrスプレーの光沢ありのブラックを吹きました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その10
10枚目、マスキングをはがしました。

ということでフォードGPA 水陸両用車を組みました。
基本塗装は大体終わったので
後はフロントガラスのクリアパーツだったりに
今回と同じくタミヤのオリーブドラブ2を吹ければと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3 車体前部上面とエンジンを組む

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事の続きで車体側の足周りを組んで行きたいと思います。
先月の記事に続いてエンジンをまずは組みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、次のパーツをエンジンルームに組み込みます。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、エンジンとエンジンルームが組み上がりました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、この車体前面上部を組みたいと思います。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、車体前面上部の右下にある
馬蹄形のパーツを接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、このキットには車体前面上部に接着する
エッチングパーツがあるので接着します。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7
7枚目、エッチングパーツをデザインナイフで切り出して
瞬着で接着しました。

ということでフォードGPA 水陸両用車を組みました。
今後組み立てを終わらせて下地塗装、本塗装と
進めればと思いました。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2 車体後部の上面と背面の組み立てを行う

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、今月の記事に続いてアメリカ フォード GPA 水陸両用車を
組んで行きます。これは車体後部の方にある
足周りのパーツになります。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、こちらをはめるのは前部ほど難しくなく
上からはめて接着するだけです。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、車体後部の上面のパーツになります。
ニッパーでランナーから切り出したパーツを
画像左上にあるタミヤセメントで接着して行きます。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、3つのパーツは正しい物を切り出していましたが
この左側で車体外側の方につけるパーツを間違って切り出していたので
二つ見える馬蹄形のパーツを接着します。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、これで車体後部の上面のパーツに対する組み立ては
スペアタイヤを除けば終わったと思います。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、車体後部にライトと他を接着して行きます。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その7
7枚目、3つパーツを接着しました。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その8
8枚目、7枚目で組み立てたパーツ群を車体後部に乗せてみました。
隙間はきっちり合わせてから流し込み接着剤を
合わせ目に流せば隙間ない形で接着出来ると思います。

ということで今日はタミヤ アメリカ フォード GPA 水陸両用車を組みました。
小さいながらも存在感があって自分は程よいディテールだと思っていますが
もっとディテールが細かい方がいい人もいると思います。 また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その103 タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1 車体の主要部分の仮組みと船底の構造物とタイヤの組み立て

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その1
1枚目、ちょっと簡単に組める物を組んで基本塗装までこぎつけるということで
今日からタミヤ MMシリーズのNo.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車を組んで行きたいと思います。
まずは車体の主要なパーツをランナーから切り離して仮組みしました。
タミヤなので合いの心配は余り要らないようです。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その2
2枚目、船底にまず手前のパーツを組み込みます。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その3
3枚目、タミヤの取り扱い説明書は丁寧に指示があるのですが
自分は少し入れるのに苦戦してしまいました。
真上からやろうとしても上手く行かないので画像の手前側から
パーツを入れるのがコツかもしれません。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その4
4枚目、手前にあるパーツを群を船底のパーツに接着して行きます。
プロペラシャフトを船尾側で支持するパーツの突起を切断してしまったので
面倒なことになってしまいました。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その5
5枚目、4枚目のパーツ群を接着しました。

タミヤ MMシリーズ No.336 アメリカ フォード GPA 水陸両用車 その6
6枚目、船底のパーツの前にあるタイヤも今回組みました。

ということで今日はタミヤ アメリカ フォード GPA 水陸両用車を組みました。
ある程度小さいサイズのプラモを組んで基本塗装まで行くことにしたいと思ます。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

プロフィール

管理人

Author:管理人
軍事系のプラモを組んでミリタリーなプラモや漫画を描く一助とするためのブログの管理人です。

リンク
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR