fc2ブログ

タミヤの傑作機シリーズを組み立ててメカを描く練習 その5 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その4 主脚のタイヤをサフ吹き、スプレー塗装

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その1
1枚目、一昨日の記事に続いて
今日は主脚のタイヤを塗装して行きます。
まずはランナーを切って持ち手を着けます。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その2
2枚目、クレオスのサーフェイサー1200を吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その3
3枚目、タミヤのスプレーのラバーブラックを吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その4
4枚目、タミヤのマスキングテープを貼って
デザインナイフでシルバーに塗る部分を切りました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その5
5枚目、タミヤのスプレーのメタルシルバーを吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その6
6枚目、マスキングテープをはがしました
。 4枚目で見た通りデザインナイフで切ったラインが
がたがたなのでシルバーの輪郭もがたがたです。

ということで主脚のタイヤを塗装しました。
タイヤのホイールのラインのがたがたについては
拡大鏡等使い筆塗りで修正を試みたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

クレオスのブラックサーフェイサーとクレオスのスーパーメタリックカラーのGXホワイトシルバー
5枚目、今回使ったクレオスのサフと
タミヤのラバーブラックとメタルシルバーになります。

タミヤの傑作機シリーズを組み立ててメカを描く練習 その5 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その3 エンジンを塗装してエンジンカウルと接着する

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その1
1枚目、一昨日の記事に続いて
日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2)を組んで行きます。
今日はエンジンを塗装してエンジンカウルに接着します。
これはプロペラを接着する軸が組み込んであるエンジン部分です。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その2
2枚目、タミヤの缶スプレーのガンメタルを吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その3
3枚目、いつも何枚か撮っているのですが
全部ピンボケしていたのでこんな感じです。
クレオスのスーパーメタリックカラーの
GXホワイトシルバーを使ってドライブラシしました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その4
4枚目、エンジンカウルとエンジンを接着して
プロペラを乗せてみました。
プロペラを乗せるエンジン側にある軸が長すぎて
切ったので自分はどうもどこかで組み立てを間違えたようです。

ということで別で塗装出来るパーツ群の
塗装を行いました。
今後胴体と主翼の接着、塗装と進んで行けるといいと思います。
そう言えば主脚と尾脚もありました。
そちらも順次組んで行きます。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

クレオスのブラックサーフェイサーとクレオスのスーパーメタリックカラーのGXホワイトシルバー
5枚目、今回使ったクレオスのブラックサーフェイサーと クレオスのスーパーメタリックカラーの
GXホワイトシルバーです。

タミヤの傑作機シリーズを組み立ててメカを描く練習 その5 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その2 プロペラとスピナー、エンジンカウルの組み立て、塗装

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その1
1枚目、先週の記事に続いて複数実に跨りますが
日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2)を組んで行きます。
プロペラと基部を組んで真鍮線と両面テープで
塗装の前の準備をしました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その2
2枚目、クレオスのブラックサーフェイサーを吹きました。
この上からシルバー系のスプレーを吹けば
フラットアルミっぽくなるかと思って。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その3
3枚目、タミヤ スプレーのメタルシルバーを吹きました。
思った以上に銀感が落ちてしまいました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その4
4枚目、こちらは過程は撮りませんでしたが
エンジンカウルにクレオスのMrカラーの
半光沢ブラックを吹きました。

ということで現時点で塗装出来る物は
どんどん塗装しようということで
プラペラとスピナー、エンジンカウルを塗装しました。
今後も組んで行けるといいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

クレオスのブラックサーフェイサーとタミヤスプレーのメタルシルバー
5枚目、今回使ったクレオスのブラックサーフェイサーと タミヤスプレーのメタルシルバーです。

タミヤの傑作機シリーズを組み立ててメカを描く練習 その5 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その1 コクピットの組み立てと塗装

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その1
1枚目、今日からタミヤのNo.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2)を組んで行こうと思います。
コクピットを組んでクレオスのブラックサーフェイサーを吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その2
2枚目、コクピットを挟むために
胴体の内側にこちらもブラックサーフェイサーを吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その3
3枚目、Mrカラーの二色を混ぜてコクピット色を作り
エアブラシでコクピットと胴体の内側にエアブラシで吹きました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その4
4枚目、セミグロスブラックを筆塗りして
デカールも貼ったコクピットを胴体で挟みました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 No.16 日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2) その5
5枚目、コクピットに寄って。

という訳で日本海軍 零式艦上戦闘機21型(A6M2)を組みました。
今後組み立て、塗装して行きたいと思います。
また時間を取って取り組んでみたいと思いました。

クレオスのブラックサーフェイサーとMrカラー二色
5枚目、今回使ったクレオスのブラックサーフェイサーと コクピット色を作ったMrカラー二色です。

プロフィール

管理人

Author:管理人
軍事系のプラモを組んでミリタリーなプラモや漫画を描く一助とするためのブログの管理人です。

リンク
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR